2013年10月 3日 木曜日

犬の嘔吐

おはようございます。

本日は飼い主の皆様がよく見る症状としては、嘔吐があると思います。
嘔吐の原因としては、異物摂取・胃腸炎・膵炎など様々なものが挙げられます。
これらは、血液検査・レントゲン検査・バリウム検査などで診断を行います。
これらの病気は、一過性であったり、数日の治療で回復することもあります。

ただし、嘔吐が長引いたり、間欠的に嘔吐が続き、体重が減っていく子は注意が必要です。
IBD(炎症性腸疾患)といわれる免疫疾患や腫瘍、子宮疾患(至急蓄膿症)、腎不全、肝不全など原因が多岐にわたります。

嘔吐が止まらない、体重が減っているなど気づかれたら、様子を見るではなく、病院への受診をお勧めします。
継続的な治療や食事療法が必要となるケースも多いため注意をしてください。


投稿者 リオン動物病院

携帯サイトはこちらから
アクセス
■住所
〒812- 0871
福岡県福岡市博多区東雲町4-2-17
カラコレスⅢ1F

■電話番号
092-558-9866

■最寄駅
西鉄大牟田線雑餉隈駅

■駐車場
医院の前に6台

■駐輪場
詳細はこちら
お問い合わせ
■受付時間
月火木金土
9:30~12:30 / 16:00~20:00
日曜・祝日
10:00~14:00
■休診日:水曜日
■受付時間
午前中は12:30まで、午後は20:00までに連絡頂ければ大丈夫です。
お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ