Reon Animal Hospital BLOG

2018年1月21日 日曜日

子宮蓄膿症

今回は高齢の雌犬に発生しやすい病気について紹介します。

子宮蓄膿症は発情期後の黄体期に子宮内で細菌感染を起こし、膿がたまってしまう病気です。
目立ちやすい症状は、飲水量・尿量の増加、嘔吐、下痢があります。
これは、子宮と膣の間にある頸管と言われる部分が開放している場合は、悪露が目立ち飼い主さんが気付きやすいですが、
悪露が少ないと症状が軽く長期化する場合もあります。
閉塞していると、急激に状態が悪くなり、最悪腹膜炎や多臓器不全を起こすケースもあります。

第一選択の治療は、外科手術による子宮摘出です。
高齢のため他の基礎疾患を抱え麻酔のリスクが高い場合、内科治療として抗生剤の投与や点滴を行います。
似た症状を起こす子宮内膜炎や子宮水腫の場合、症状の改善は見込めますが、
完治率の低さや再発の危険は伴います。

近年は、意識の高さから若齢時に避妊をされている飼い主さんが増えてきていますので
罹患率は下がってきていますが、もし未避妊の場合は高齢になっての嘔吐や下痢が起きた場合は注意をしてあげて下さい。




投稿者 リオン動物病院 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
携帯サイトはこちらから
アクセス
■住所
〒812- 0871
福岡県福岡市博多区東雲町4-2-17
カラコレスⅢ1F

■電話番号
092-558-9866

■最寄駅
西鉄大牟田線雑餉隈駅

■駐車場
医院の前に6台

■駐輪場
詳細はこちら
お問い合わせ
■受付時間
月火木金土
9:30~12:30 / 16:00~20:00
日曜・祝日
10:00~14:00
■休診日:水曜日
■受付時間
午前中は12:30まで、午後は20:00までに連絡頂ければ大丈夫です。
お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ