Reon Animal Hospital BLOG

2012年4月17日 火曜日

猫のホルモン疾患

今回は猫のホルモン疾患について

近年、ワクチンを含めた病気に対する予防、室内飼育、飼い主様の意識レベルの上昇などなどにより
猫のみに限らずペットの高齢化が起こっています。

以前では比較的まれであった病気も、今では日常的に診察する機会が増えてきています。

その中の一つに猫の甲状腺機能亢進症が挙げられます。
これは、人の女性に多いとされているバセドウ病です。

猫の場合、多くみられる症状はよく食べるのに痩せてくるという状態です。
これは、糖尿病とも類似する症状ですが、血液検査ですぐに鑑別が可能です。

他に、被毛の粗剛(毛づやが悪くなる)や水をよく飲み・尿が増える、嘔吐や下痢などが半数ほどの子にみられます。
甲状腺ホルモンは多数の器官に影響を与えるためその症状も多様になります。

特に高齢の猫での発症が多いことから、年齢による変化だと思ってしまい、来院・治療が遅れることも多い病気です。
治療法は内科的な薬物治療・外科的な切除がありましたが、最近に処方食による食事療法のみでのコントロールも可能になってきました。

心機能や腎機能に悪影響を与える可能性もある病気なため、年齢だからとは思われずに
一度動物びょいんへの来院・検査をお勧めします。

投稿者 リオン動物病院 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年4月 3日 火曜日

狂犬病予防接種

平成24年度狂犬病予防接種が始まりました。

狂犬病は、感染動物に咬まれることで人にも感染し、発症してしまうとほぼ100%死に至る非常に怖い伝染病の一つです。

現在日本では発生は認められていませんが、アジアを含め世界各国ではいまだ発生が報告されています。

動物の輸入に伴い、国内に狂犬病が発生しないとは決して言うことはできません。

狂犬病の接種は大切なペットを感染から守ることと同時に、感染の広がりを抑え飼い主さんを含め

人への感染予防にもなるのです。

また、登録は犬の戸籍に当たり、万が一迷子になった際も、登録を行って鑑札・済証を装着していれば

保健所への問い合わせですぐに飼い主さんが見つかりお家に帰ることができます。

もし、狂犬病予防接種及び登録をされていない飼い主さんは、ぜひ今年度からでも始めてあげて下さい。

投稿者 リオン動物病院 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
携帯サイトはこちらから
アクセス
■住所
〒812- 0871
福岡県福岡市博多区東雲町4-2-17
カラコレスⅢ1F

■電話番号
092-558-9866

■最寄駅
西鉄大牟田線雑餉隈駅

■駐車場
医院の前に6台

■駐輪場
詳細はこちら
お問い合わせ
■受付時間
月火木金土
9:30~12:30 / 16:00~20:00
日曜・祝日
10:00~14:00
■休診日:水曜日
■受付時間
午前中は12:30まで、午後は20:00までに連絡頂ければ大丈夫です。
お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ