ホーム > 猫の病気 > その他の病気

その他の病気

目の病気以外にもネコちゃんの病気の種類として次のようなものがあります。

皮膚の病気

ネコノミ

主な症状

何千種類いるノミの中で、よく猫に寄生するのはネコノミとイヌノミです。
ネコノミは人間の血も吸ってしまいます。
この2種はよく似ていて見分けるのが難しいです。
ノミにとって快適な気候は18℃以上、湿度70~90%。これは、日本の夏にぴったりあてはまります。

乾燥と寒さに弱いのですがサナギの姿をして、ひっそりと冬を越します。
現在の人間の生活では暖房設備が整い、冬でも暖かい家庭が多くて、ノミも1年中生き延びられるようになったのです。
ノミが体表に寄生する事により、多くの場合は強い痒みを生じ体を噛んだり、かいたりします。
その結果皮膚に脱毛や炎症が生じ皮膚病になってしまいます。特に猫の腰背部、尾根部に好発します。
痒みの原因はノミの刺咬(ノミが血を吸う)による直接の害と、ノミの唾液が体内に入りアレルギー反応を発現し起こる場合があります。

 

耳の病気

耳ダニ症
耳ダニ症

ミミヒゼンダニというダニが外耳道に寄生して発症します。症状を持っている猫との接触によって感染します。
激しいカユミがあり、耳を引っかく仕草が見られます。
完全に治療しないと再発の恐れがあります。
ただ、1度完治してしまうと再発の恐れはありません。
主な症状
  • 耳を引っかく

 

鼻の病気

鼻出血
鼻出血

鼻炎などが悪化したり、猫同士のケンカで鼻を傷つけて出血してしまいます。
交通事故などで頭部を打ったり肺を傷つけてしまうと鼻血の原因にもなります。
それ以外に血液の病気になってしまい血が止まりにくい状態になる場合も考えられます。
主な症状
  • 出血の量は少なくても長い期間続く

 

口の病気

口内歯肉炎
口内歯肉炎

口腔内の粘膜に炎症を起こした場合を口内炎(口内歯肉炎)と言います。
口腔粘膜が炎症を起こすのは歯石や歯垢がたまったり、全身性のウィルス感染症やその他の全身性代謝疾患などの影響によるものが多いです。
主な症状
  • 鼻炎などの悪化
  • 鼻からの出血

 
携帯サイトはこちらから
アクセス
■住所
〒812- 0871
福岡県福岡市博多区東雲町4-2-17
カラコレスⅢ1F

■電話番号
092-558-9866

■最寄駅
西鉄大牟田線雑餉隈駅

■駐車場
医院の前に6台

■駐輪場
詳細はこちら
お問い合わせ
■受付時間
月火木金土
9:30~12:30 / 16:00~20:00
日曜・祝日
10:00~14:00
■休診日:水曜日
■受付時間
午前中は12:30まで、午後は20:00までに連絡頂ければ大丈夫です。
お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ