ホーム > 犬・猫の心臓病

犬・猫の心臓病

心不全

犬の心臓病

症状と原因

心不全とは、犬の心臓自体やそれ以外の異常が原因で心臓の血液を体全体に送る機能に問題が生じた
状態のことを言います。心臓機能に様々な異常が出ている総称を心不全と言い、
特定の病気を言うのではありません。
かかっている病気の種類によって、症状や原因も異なります。

 

心不全

具体的な症状としては、血液を全身に送る左心室と左心房の機能が弱くなると肺に水が溜まる為肺水腫を起こしやすくなり、少しの運動や散歩でも息切れし、嫌 がるようになり、咳をしたりします。また血液を肺に送る右心室と右心房の機能が低下した場合はお腹や足がむくむ・お腹や胸に水が溜まる・肝臓が腫れる・尿 量が少なくなる・下痢・便秘等の症状が起こります。

心不全が悪化すると安静時でも呼吸が荒くなり食欲も落ちてきます。この心不全にかかりやすい犬種はマルチーズやシーズー・ミニチュアドッグ等が挙げられます。
原因としては、肺の病気・貧血・事故による出血・血液の病気等で二次的に起こることもあります。心臓系では、フィラリア症・心臓の弁に異常がある・心臓の周りの血管や筋肉の異常などがあります。

 
治療の方法
この病気にかかってしまうと、完全に治すことは難しいようです。
ですが、心臓にかかる負担を軽減させることは出来ます。
現在では、心臓病の新薬も開発され、運動の制限や食事管理、そして、薬物療法などの方法で、寿命を延長させる事が出来ます。
ただし、このような治療方法を、行って効果があるのは、早期に発見する事が条件ですので必ず、定期的に検診しましょう。
 
ページトップへ
 

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症

症状と原因

僧帽弁閉鎖不全症は、老化や遺伝によって僧帽弁(心臓の中にある血液の逆流を防ぐ働きをする弁)がと閉じなくなり、僧帽弁が閉じないため血液が逆流をくり返し、心臓が肥大する病気です。
心臓が肥大する事によって気管支の圧迫、肺の機能低下などで肺がうっ血して呼吸が思うようにできなくなります。

僧帽弁閉鎖不全症にかかると、散歩中とかに乾いた咳が出たり、運動時に疲れやすく座りこんだり、呼吸困難などになります。
また、僧帽弁閉鎖不全症が進行すると肺水腫を引き起こすこともあります。
マルチーズ、ヨークシャー・テリア、シーズー、キャバリアのどの犬種がかかりやすい病気でとくに老犬期に多くみられます。早い場合には5~6歳で症状が出てくる事もあります

 
治療の方法
投薬して心臓の血管を拡張させて負担を抑え、病気の進行をできるだけ遅らせる治療が中心となりますので残念ながら完全に治す治療法はありません。
肺水腫などの症状がみられる場合は、その治療も同時におこないます。この病気はとにかく早期発見・早期治療が大切です。5歳を過ぎた小型犬を飼っている飼い主様には動物病院で定期検査を受ける事をお勧めします。
 
ページトップへ
 
携帯サイトはこちらから
アクセス
■住所
〒812- 0871
福岡県福岡市博多区東雲町4-2-17
カラコレスⅢ1F

■電話番号
092-558-9866

■最寄駅
西鉄大牟田線雑餉隈駅

■駐車場
医院の前に6台

■駐輪場
詳細はこちら
お問い合わせ
■受付時間
月火木金土
9:30~12:30 / 16:00~20:00
日曜・祝日
10:00~14:00
■休診日:水曜日
■受付時間
午前中は12:30まで、午後は20:00までに連絡頂ければ大丈夫です。
お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ