ホーム > 耳の病気

耳の病気

耳の病気

耳の腫瘍 外耳炎 内耳炎
 

耳の腫瘍

耳の腫瘍

症状と原因

耳の腫瘍の多くは、耳の中にある汗腺のアポクリン腺というのが腫瘍化するためにおこります。
腫瘍が大きくなるにつれて炎症を起こし、化膿したり、出血や分泌物が出ることもあり、ひどい状況だと耳道をふさいでしまうケースもあります。

良性と悪性とを区別するために注射針で腫瘍の組織を吸い取って検査をします。
治療の方法
良性の場合はとくに治療の必要はありません。
しかし、腫瘍が大きくなったり、数がふえたり、悪性だった場合は切除しなければなりません。

 
ページトップへ
 

外耳炎

外耳炎

症状と原因

スパニエル等の犬は体質的に外耳炎を起こしやすい犬種で、また、シーズー、プードル、柴犬、ウエストハイランド等はアレルギー性の外耳炎が多い傾向があります。

外耳炎になると、かゆみや不快感がひどくなり、後ろ足で掻くようなしぐさをします。
場合によっては、後ろ足のつま先が耳の中に直接入りこんで、皮膚を傷つ けてしまい皮膚炎がひどくなることもあります。
長く慢性化すれば、皮膚が厚くなってしまい外耳道が狭くなったり、腫瘍の要因となったりします。

炎症がひどくなると、鼓膜から中耳に広がて中耳炎になったり、内耳にまで達して内耳炎になってしまったりします。
普通は、子犬の時に母犬から感染することが多いのですが、時には耳ヒゼンダニに感染した犬に接触して感染することもあります。

空気中に浮遊する一般に「カビ」として知られる真菌や細菌が繁殖することも少なくありません。
治療の方法
検査によって原因菌を確認できたらそれに合った抗生物質や、抗真菌剤を投与します。
犬がむやみに後ろ足で掻いたりして皮膚を刺激することは悪化させてしまうので避けるようにしましょう。

 
ページトップへ
 

内耳炎

内耳炎

症状と原因

外耳感染症を治療せずに放置すると、感染は中耳や内耳にまで進行し内耳炎になります。
耳の打撲などが原因でなることもある様です。
疾患は、単なる外耳炎よりも治療が困難です。

症状は外耳炎と似てますが、両耳が感染したケースになると激しい痛みと聴力の障害を受けてしまいます。
内耳には平衡感覚をつかさどる神経があり、その神経が侵されると難聴になったり、体のバランスが取れなくなりまっすぐ歩けなくなったりします。
治療の方法
早期に副腎皮質ホルモン薬などの投薬で改善します。ですが、難聴になってしまうと、薬での治癒はできません。
外耳炎同様、いつも耳垢をとり清潔にしておく事です。
ダニや真菌が発生するからと耳掃除ばかりしていても、皮膚を傷つけたりして炎症を悪化させてしまいます。

耳垢があれば不健康な状態と考えて、生活改善に取り組むことが治療、予防の第一歩です。

 
ページトップへ
 
携帯サイトはこちらから
アクセス
■住所
〒812- 0871
福岡県福岡市博多区東雲町4-2-17
カラコレスⅢ1F

■電話番号
092-558-9866

■最寄駅
西鉄大牟田線雑餉隈駅

■駐車場
医院の前に6台

■駐輪場
詳細はこちら
お問い合わせ
■受付時間
月火木金土
9:30~12:30 / 16:00~20:00
日曜・祝日
10:00~14:00
■休診日:水曜日
■受付時間
午前中は12:30まで、午後は20:00までに連絡頂ければ大丈夫です。
お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ