ホーム > かゆみの原因は?

かゆみの原因は?

難治性皮膚疾患の主な原因

感染性皮膚疾患
  • 細菌性
  • 真菌性
  • 寄生虫性
  • その他
内分泌性皮膚疾患
  • 甲状腺機能低下症
  • 副腎皮質機能亢進症
  • その他
アレルギー性皮膚疾患
  • 環境アレルギー
  • 食物アレルギー
  • ノミアレルギー
  • その他
角化および脂漏性皮膚疾患
  • アレルギー以外の免疫性皮膚疾患
 

感染性皮膚疾患

感染性皮膚疾患 皮膚の表面上で細菌、真菌または寄生虫の感染・増殖が原因となって皮膚炎を起こします。

感染を抑えることと、感染の原因となった基礎疾患を探し対策をとる 必要があります。

アレルギーにより感染し易い状況になったり、内分泌疾患や脂漏症からくる感染性皮膚疾患の悪化もあります。
またステロイドの使用は感染を悪化させたり治療途中に新たな感染症を起こす危険性もあるため、継続使用には最も注意が必要です
 

内分泌性皮膚疾患

内分泌性皮膚疾患 皮膚の代謝に関わる内分泌疾患により、治りにくい皮膚病を起こしている症例が数多く認められます。

特に甲状腺機能低下症は比較的若い年齢でも多く認めら れ、皮膚病悪化の原因となっています。

内分泌疾患は血液検査により診断することが可能ですが、発症初期など一部の症例では1度の検査結果だけで
すべてを判定することはできないこともあるため、複数回検査することもあります。
 

アレルギー性皮膚疾患

アレルギー性皮膚疾患 アレルギー性皮膚炎の場合、その原因となっている物質(アレルゲン)を特定し、回避しなければ痒みが継続する要因になります。

逆にアレルギーだけが原因となっている場合、アレルゲンを特定し、回避することができれば大きく改善する可能性があるといえます。

難治性皮膚疾患には多くの原因が関与していますが、アレルギー対策が不完全なために、改善しない症例が数多く認められます。そのため原因となっているアレルゲンを特定し、適切なアレルギー対策が必要になります。

アレルゲンの特定のためには、測定アレルゲン項目に限りがありますが、アレルギー検査(血液検査)が非常に有効です。

 

角化および脂濡性皮膚疾患

角化および脂濡性皮膚疾患 原発疾患か、他の疾患から起こる二次的なものかの診断が難しく、特徴的な皮膚病変、その他の疾患の除外、病理組織学的検査などで診断します。

皮膚病悪化の大きな原因となり、治療を難しくさせる病気の一つです。
血液検査などの結果で判定できないため、見過ごされがちですが、しっかりと対策をとる 必要性があります。
 

免疫学的な治療

近年「犬アトピー性皮膚炎」の治療薬として、免疫調節作用のあるインターフェロンが使われるようになりました。
すべての症例に劇的な効果が認められるわけではありませんが、比較的副作用が少なく、効果を示す症例も多いことから選択肢の一つといえます。「痒みなどの症状の緩和」を目的とした治療法のため、他の疾患を除外し、しっかりとした診断の上で使用する必要があります。
 

根拠あるアレルギー対策

近年「犬アトピー性皮膚炎」の治療薬として、免疫調節作用のあるインターフェロンが使われるようになりました。「アレルギー」や「アトピー」という言葉が独り歩きし、「体質だからしかたがない」と諦めてしまっている飼主さまが数多くいらっしゃいます。確かにアレル ギー性皮膚炎の治療は非常に難しく、その原因物質(アレルゲン)を特定し、回避しなければ改善は認められません。また環境アレルゲンによるアレルギー性皮膚炎では、原因物質(アレルゲン)の特定ができても完全に回避することができない場合もあるため、治療にはさまざまな工夫が必要になることもあります。また、アレルゲンの特定のために行うアレルギー検査に限界があるのも、その治療を難しくしています。環境アレルゲンの特定には、測定項目の制限や、測定する 季節によって検出できない場合もあります。食物アレルゲンを特定する検査はまだ始まったばかりで、今後治療に役立つ検査が少しずつできるようになるでしょ う。アレルギー体質が完治することは難しいのですが、適切な投薬治療、食事療法、スキンケア対策、サプリメントを併用することで、アレルギーと上手に付き 合いながら改善を目指しましょう。すべての症例に劇的な効果が認められるわけではありませんが、比較的副作用が少なく、効果を示す症例も多いことから選択肢の一つといえます。「痒みなどの症状の緩和」を目的とした治療法のため、他の疾患を除外し、しっかりとした診断の上で使用する必要があります。
 

正しいスキンケア

皮膚病の治療において、現在中心的な役割を担っているのは「お薬を飲む(薬物療法)」ことですが、近年「正しいスキンケア療法」を実施することが非常に重 要と考えられるようになってきました。薬物療法では臨床症状、皮膚病変、病原菌の抑制・除去などを目的としていますが、スキンケアは「皮膚機能の改善」、 「薬物療法からの離脱」、「再発の予防」、「痒みのコントロール」を目指しています。シャンプー療法といっても、皮膚の状態は「皮膚感染症が強く起きている」、「皮脂が多くベタッとしている」、「乾燥したフケの多い」などさまざまです。例えば皮脂の分泌量が多い皮膚の場合、より皮脂を除去しやすいシャン プーを選びますが、それだけでは対症療法にしかなりません。「皮脂の多い原因」をみつけ、改善することがより根本的な治療につながります。原因の一つに 「皮膚保水機能の低下」が関与していることもあるため、皮膚保水機能の改善として複数のシャンプーを併用することもあります。数多くある薬用シャンプーの 中から、皮膚の状態にあったものを選び、皮膚の改善に応じて治療の初期や、治療後の維持・管理でそのシャンプーを変えていく必要もあります。獣医師の指示 のもと、その子の体質や原因にあった正しいスキンケアを行うことが大切です。
 

上手なステロイドの使い方

ステロイドは上手に使うと治療の大きな武器になりますが、無計画に使い続けると皮膚病を悪化させる事もあります。現在ステロイドは「痒み止め」として使用されることが多く、ステロイドの効果がきれると痒みが増し、またステロイドを使う・・・という悪循環に陥っている症例も数多くあります。そしてステロイドの継続使用により、皮膚機能や感染性皮膚疾患の悪化、そして複雑かつ治りにくい皮膚病をつくりだしてしまうこともあります。そうならないために、ステロイドの使用は慎重に、将来確実に休薬できるか、ごく少量の投与で維持できる治療方針を立てた上で使用しなければいけません。ごく一部の症例を除き、ステロイドは短期集中で使い、休薬後しばらくステロイドなしでも痒みの悪化のない治療管理を目指すことがよいと考えられています。ステロイドを必要とする特殊な疾患以外で、ステロイドの効果がきれてすぐ元の痒みに戻っている場合は治療管理に改善の余地があるといえるでしょう。
 

計画的な薬物療法を実施

皮膚病治療の中心となる薬物療法には抗生物質、抗真菌剤、抗ヒスタミン剤、ステロイドなどさまざまなタイプがあります。抗生物質は使い方(飲んだり飲まなかったり、投薬時間がずれたりすること)によって、耐性菌の原因になったり、効果が減弱されてしまうこともあるので、しっかりとした投薬管理が必要です。 抗ヒスタミン剤はアレルギーの治療に役立ちますが、単独で痒みをとめる効果が低く、発症時期の前から予防的な投薬をしたり、多剤と併用して使うことで効果 を発揮するため、上手な使い方をしなければいけません。またステロイドはほとんどの原因で痒みを止める効果があることから多用されがちですが、使い方に よっては皮膚病の悪化の原因になるため、服用には最も注意が必要といえるでしょう。投薬治療は、その効果を最大限発揮さめに、必ず獣医師の指示に従うことが必要です。
 
携帯サイトはこちらから
アクセス
■住所
〒812- 0871
福岡県福岡市博多区東雲町4-2-17
カラコレスⅢ1F

■電話番号
092-558-9866

■最寄駅
西鉄大牟田線雑餉隈駅

■駐車場
医院の前に6台

■駐輪場
詳細はこちら
お問い合わせ
■受付時間
月火木金土
9:30~12:30 / 16:00~20:00
日曜・祝日
10:00~14:00
■休診日:水曜日
■受付時間
午前中は12:30まで、午後は20:00までに連絡頂ければ大丈夫です。
お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ